ニュース・お知らせ

2021.03.02

AWS アジアパシフィック (大阪) リージョンが開設されました

アマゾン ウェブ サービス ジャパン(AWSジャパン)は、東京リージョン開設10周年となる本日 3月2日 (火) 、日本で2番目の AWS リージョンである「AWS アジアパシフィック (大阪) リージョン」の正式オープンを発表しました。

「AWS アジアパシフィック (大阪) リージョン」は、2018年 2月に一部のお客様にオープンした AWS 大阪ローカルリージョンを通常のスタンダードリージョンに拡張した、3つのアベイラビリティーゾーン(AZ)を持つ完全なAWSリージョンです。すべてのユーザーが事前の申し込みや審査なしに利用することができます。

関西圏をはじめとする西日本のユーザーがより低いレイテンシーで利用できるだけでなく、マルチ AZ 構成により高い可用性で AWS の幅広いサービスを利用することができます。

また、大阪リージョンと東京リージョンを組み合わせる事で、単一のリージョン内のマルチ AZ 構成ではカバーできない可用性の実現やディザスタリカバリ(災害対策)を日本国内で完結することも可能となります。

AWSの新しいリージョン「AWS アジアパシフィック (大阪) リージョン」について、ご質問、ご相談がございましたら、
お気軽に弊社ターン・アンド・フロンティアまでお問い合わせください。

お問合せフォーム

参考

AWS公式 特設ページ: AWS 大阪リージョン
AWS公式発表: AWS、国内 2 拠点目となるリージョンを開設

元記事発行日: 2021年03月02日、最終更新日: 2021年03月03日