運用保守

AWS 導入後のサーバー運用監視も24時間対応。 Amazon EC2の自動バックアップや自動起動・終了もおまかせください。
お客様が本来の業務に専念できるよう、AWS認定資格を保有するエンジニアが、AWSインフラの技術的なお問い合わせや、設定作業をサポートします。

運用・保守の流れ

お客様のサーバーを24時間365日監視します。

異常があれば、電話もしくはメールにてご連絡。

再起動時などに特別な手順が必要な場合は、あらかじめ決められた手順に従って復旧を試みます。 定型的な障害については復旧作業まで試みます。

サービスの特長

安心の24時間365日運用監視

お客様は本来の業務であるサービス(アプリケーション)の開発、運用に専念してください。運用開始後は弊社エンジニアがお客さまのサーバーを24時間365日監視し、異常があれば電話やメールでご連絡。定型的な障害については復旧作業まで試みます。

AWSの設定作業はすべてお任せ

ご発注内容に基づいて、AWS認定資格を保有する経験豊富な弊社のエンジニアがAWSクラウド上にお客様環境を構築。ファイアウォールや各種AWSサービスのセットアップなど、AWSやクラウドの知識が必要な場面はすべて私たちが担当します。

AWS運用専用の管理画面もご提供

余計な機能や情報が排除されたシンプルなAWS運用専用のダッシュボードをご提供。サーバーの状態確認やバックアップ取得、仕様書や一覧の印刷がいつでも可能です。
ご利用中のお問い合わせには、ご質問ご要望の内容から履歴まで一元管理できる専用のサポートサイトをご用意しています。

主な監視項目

サーバー(EC2)

CPU使用率
インスタンス死活状況

ロードバランサ(ELB)

稼働サーバー数
稼働不能サーバー数

データベース(RDS)

CPU使用率
ディスク使用量
スワップ使用量(MS SQL除く)

データセンター

データセンター稼働状況

※上記以外にもCloud Watchのカスタムメトリクスを用いて取得出来る項目であれば監視可能ですので別途ご相談ください。
カスタムメトリクス利用にはインスタンスがインターネットに通信出来る必要があります。

cloud linkサポート範囲

お客様は本来の業務であるサービス(アプリケーション)運用に注力していただき、裏方である主に運用部分(AWSインフラ、監視)は弊社に担当することで、万全な運用体制の確立が低コストで実現可能となります。
なお、OSやアプリに関するお問い合わせについてもベストエフォートでサポートさせていただきますのでご安心ください。

(お客様と弊社の役割分担イメージ)

AWSインフラに関する継続的なお問い合わせ
AWSインフラに関する設定作業
OSやアプリに関する継続的なお問い合わせ
OSやアプリに関する調査および設定作業

◎:対応可能 ○:ベストエフォートで対応可能 △:別途お見積りが必要

アプリケーション

ミドルウェア

OS

お客様

AWSインフラ

監視

cloud link

AWS認定資格保持者によるサポート

AWS認定資格を保有する経験豊富なエンジニアが、AWSインフラに関する技術的なお問い合わせや、設定作業をサポートします。

  • AWS CERTIFIED Solutions Architect - Professional
  • AWS CERTIFIED DevOps Engineer - Professional
  • AWS CERTIFIED Security - Specialty
  • AWS CERTIFIED Solutions Architect - Associate
  • AWS CERTIFIED Developer - Associate

専用サポートサイト

cloud link 専用のサポートサイトにログインすることで、お問い合わせの発行や、進捗状況、回答内容をご確認いただけます。

ご利用特典

  • 余計な機能・情報を極力排除したシンプルなAWSの状況確認ダッシュボード
  • PC /モバイル対応
  • 東京リージョン以外のリージョンで稼働
  • 複数リージョンでシステムのバックアップを実施
  • AWS Shield によるDos攻撃対策実施済み
  • システムのソースコード内にお客様のAWSアカウント情報を保持しない仕様
  • (仮に全てのソースコードを盗まれてもお客様のAWSアカウントにはアクセス不可)
  • 頻繁な機能修正とアップデート(2015年以降、120以上のアップデートを実施)

仕様書や一覧の印刷にも対応!

ボタンひとつで一覧を生成できます

Simple Dashboardで出来ること

バックアップ機能
  • 自動バックアップ機能
  • 標準7世代の自動バックアップ
EC2インスタンスの操作
  • 起動、停止、再起動、AMI取得
RDSインスタンスの操作
  • 手動バックアップ
その他の機能
  • サーバー詳細表示
  • PDF出力機能(EC2仕様書、ファイアーウォール(セキュリティグループ)一覧)
モバイル対応
  • 外出先からスマートフォンで見ることも出来ます。
オプション機能
  • 自動バックアップ機能
  • ※別途御見積

ディザスタリカバリの一環として、利用リージョンだけにバックアップを取るだけで無く、別リージョンへバックアップ取得が出来る機能です。(EC2、RDSに対応)

主な機能

AWS Cloud全体
  • AWS構成確認シート出力( Amazon EC2、Amazon RDS、Amazon ElastiCache、Elastic Load Balancing (ELB)、NAT Gatewayに対応)
  • 東京リージョンのAmazon EC2とAmazon RDSのステータス情報表示
Amazon EC2
(Amazon Elastic Compute Cloud)
  • セキュリティグループ設定確認シート出力
  • バックアップ設定確認シート出力
  • スケジュール設定確認シート出力
  • インスタンスの一覧
  • インスタンスの詳細
  • インスタンスの設定シート出力
  • 起動、停止、再起動 *
  • 自動バックアップ機能
  • マニュアルバックアップ機能
  • バックアップ状況確認機能
  • リージョン間自動バックアップ機能 *
  • 自動起動・停止機能 *
  • 過去2週間までのAmazon CloudWatchのグラフ表示 (CPU、トラフィック、クレジット)
Amazon RDS
(Amazon Relational Database Service)
  • バックアップ状況確認機能
  • リージョン間自動バックアップ機能 *
  • インスタンスの設定シート出力
  • 過去2週間までのAmazon CloudWatchのグラフ表示 (CPU、コネクション、メモリ)
ELB
(Elastic Load Balancing)
  • ELBの設定状況確認機能
Amazon Route 53
  • ELBの設定状況確認機能

* cloud link 契約のお客様は別途ご相談となります。