ブログ

AWS運用 Amazon WorkDocs を使ってみませんか

「ファイルサーバー」と聞いて、皆さんは何を想像されますか?

オンプレミス環境だと文字通り「サーバー」ですよね。他には「NAS (Network Attached Storage)」などを思い浮かべるかと思います。

最近のクラウド環境ではどうでしょう。

クラウドの場合は「ファイルサーバー」というより「クラウドストレージ」と呼ばれる事が多いと思います。 Dropbox や Box といったサービスをご存知だったり、おそらく既にご利用されている方もおられるのではないでしょうか。

「クラウドストレージ」で検索すると Googleドライブ、Microsoft OneDrive、Apple iCloud、Amazon Drive(AWSではない)など、各社のサービスが出てきますが、実は Amazon WorkDocs もクラウドストレージのひとつになります。

今回はこの WorkDocs についてご紹介させていただこうと思います。

AWS運用 Amazon WorkDocs の歴史

Amazon WorkDocs は、2014年7月にリリースされた完全マネージド型の企業向けストレージおよびファイル共有サービスです。当初は「Amazon Zocalo(ゾカロ)」という名称でしたが、その後「Amazon WorkDocs」に名称が変更されました。

※ サービス内容は変更されていません

AWS運用 WorkDocs の特徴

  • 仮想デスクトップサービス「Amazon WorkSpaces」と連携(50GBまで無料)
  • 既存の「Active Directory」と統合可能(非統合時は、SimpleAD が無償利用可能)
  • 共有ルール、認証ログ、コメント要求と収集、保存場所などを一元管理可能
  • ネットワークファイル共有を利用せず、負担なくコンテンツをクラウドに移行可能
  • アクティブユーザーアカウントおよびストレージ使用量に対する従量料金制
  • Windows Explorer、Mac Finder、Amazon WorkSpaces から直接コンテンツを起動可能
    (パソコンに Amazon WorkDocs Companion のインストールが必要 )
  • チーム内で簡単に共有が可能
  • 外部ユーザーを招待して組織横断型のコラボレーションが可能
  • コンテンツは転送中、保管時、どちらの状態でも暗号化されている
  • ユーザーや管理者のアクティビティ(誰が何にアクセスしたのか)の追跡調査可能

以下、AWSドキュメントより抜粋

一般的な特徴

サイトごとの最大ユーザー数無制限
ファイルアップロードサイズの上限(ウェブクライアント)5 GB
ファイルアップロードサイズの上限(同期クライアント)5 TB

共同作業

ブラウザでのファイルのプレビュー(35種類以上のファイルタイプ)可能
ファイルレベルのコメント可能
ファイルコンテンツに関する注釈可能
ファイルレビュー期限の設定可能
メール通知可能
多言語サポート可能
ワークフローへのアクセス要求可能
スレッド化されたコメント可能
プライベートコメント可能
ファイルのロックとロック解除可能

セキュリティ

シングルサインオン (SSO)可能
詳細なアクセス許可可能
転送中と保管時の暗号化可能
共有可能リンクのパスワード可能
共有可能リンクの有効期限可能
共有可能リンクの無効化可能
使用ログ可能
ユーザーアクティビティの追跡可能
Multi-Factor Authentication (MFA)可能
管理者アクティビティの追跡可能

同期、共有、モバイル

外部からのファイル閲覧無制限
ファイルおよびフォルダへのユーザーの招待可能
ゲストユーザー無料
ユーザーに共有可能なリンクの作成可能
誰にでも共有可能なリンクの作成可能
一括アップロード可能
モバイルアプリケーション(iOS、Android、Kindle Fire)可能
オフラインアクセス(同期クライアント、Drive、モバイルアプリケーション)Amazon WorkSpaces で利用可能
Windows では限定プレビュー中
Amazon WorkDocs Drive可能

データ損失防止

ごみ箱30 日間
サイト管理者によるデータ復旧最大 365 日間
(デフォルトは60日間)
ファイルダウンロードの無効化可能
無制限のファイルバージョニング可能
管理者とユーザーのアクティビティ追跡可能

検索

ファイルおよびフォルダ名可能
アクティビティフィードの検索とフィルタリング可能
お気に入りのファイルとフォルダ可能

コンプライアンス

複数の AWS リージョン可能
HIPAA 対応可能
PCI DSS可能
ISO 9001可能
ISO 27001、27017、27018可能

管理

ユーザー管理可能
SDK によるエンタープライズアプリケーションの統合可能
転送ファイルの所有権可能
AWS CloudTrail のログ可能
ストレージと共有に関するポリシーの設定可能
AWS 請求の集中管理可能

統合

移行パートナー可能
Active Directory によるシングルサインオン可能

サポート

AWS フォーラム可能
AWS サポート可能

SDK

月単位のアクション無制限
言語Java、Python、Go、JavaScript、.NET、PHP、Ruby
ロールとアクセス許可の管理AWS Identity and Access Management (IAM)
使用ログのリアルタイム通知使用ログのリアルタイム通知
使用ログAWS CloudTrail
認証AWS 標準署名バージョン 4.0、OAuth 2.0

AWS運用 利用料金

Amazon WorkDocs は、アクティブなユーザーアカウントと、使用するストレージに対する料金のみで利用可能です。東京リージョンにてご提供する際の WorkDocs の使用料金は以下となります(2021年 9月現在)。

WorkDocs ユーザー料金/月7.00 USD (USD)
最初の 1 TB/ユーザー/月利用料に含まれる

ユーザー管理にはディレクトリサービスを利用しますが、Simple AD (small) であれば、無償利用が可能です(グループ設定を行う場合は、ディレクトリサービスに接続可能なインスタンスが必要です)。

※ 弊社よりご提供させていただく場合は、別途お見積りさせていただきます
※ 容量追加については、ご相談ください
※ WorkDocs からのダウンロードには弊社所定のデータ通信料が必要です( WorkDocs へのアップロードは無料)

AWS運用 Amazon WorkDocs のまとめ

いろいろご説明しましたが、WorkDocs の利便性は実際に利用してみることでより実感をもって理解することができると思います。

弊社からは1ヶ月1ユーザーからご利用いただくことも可能ですので、ぜひ一度お試しください。

また、特に Amazon WorkSpaces との親和性が高いので、既に WorkSpaces をご利用中の場合は、クラウドストレージとしてご利用いただくと、より便利にお使いいただけると思います。

元記事発行日: 2021年09月29日、最終更新日: 2021年09月23日